伊東市 遺品整理

 遺品整理・生前整理
   
特殊清掃(ご遺体現場の跡の片付け・消臭)

      片付け・整理収納 
  お困りの皆さま、私共が お手伝いします

本拠地:静岡県伊東市
現地確認にてお見積します
伊東市地図.png
愛

伊豆のお家での 遺品整理や片付けは
株式会社 かんどうサービス

0120.gif

0120-35-9930

伊東市 伊豆市 伊豆の国市 熱海市 ​東伊豆町 河津町など 静岡県東部・伊豆半島全域・神奈川県西部
その他の地域でもご相談ください。

◆私たちの心がけ◆

ご依頼主様の「お手間」「こころ」の負担をできるだけ軽くできるように。
大切な品々やお部屋とのお別れは、スタッフは自分の持ち物や家と思って扱い、​ご依頼主様に代わって 手足・目・こころ(気持ち)を動かしてはたらくことを常に心がけています。

 

こんにちは
代表取締役
かんどう わかな

​です
かんどうわかな 貫洞若菜

私たちの特長

伊豆エリアの遺品整理士第一号・遺品整理専門業として数々の実務、現場経験を重ねています。
 
やはり地元企業でよかった、専門業者でよかった、と思われるサービスに自信があります。
​  
女性男性スタッフの協同作業により、ご依頼主様の感受性スピードに対応 しています。

片付けのその先もご相談可能です。リフォームや修理の相談、建物解体、不動産処分への橋わたし、和服やブランド品・骨とう品の買取、家具移動、市内簡易引越しなどもご相談いただいております。

・専門知識習得へのたゆまぬ努力と研鑽を重ねています。


心がけや特長については本ぺージ下部に詳しく記載しています。

 

株式会社 かんどうサービス 
 ご相談ください

157716214dc008f38f1a21cf88403adf_s.jpg

家財の整理や片付けについて、次のようなお悩みをかかえる皆さまを、実際にお手伝いしています

▼大切な家族の遺品を片付けたいが、家族だけでは難しい

​▼高齢や病気など体力的な問題で、自分ではできない

もう故郷に住んでいない。コロナ禍のなか、遺品整理だけのために伊豆方面に行けない。

相続税の対象となる遺品を探し出さなければならないが、時間が無い。

▼家族が退院してヘルパーサービスを受けたいが、まず家の中を片付けないと呼べない。

​▼家族が減ったので、部屋を別の使い方にしたい。

終活の一環として、生前整理を進めたい。

▼思い入れのある品物は自分で見て、誰に何を譲るか決めておきたい。

▼片付けたいのはもっともだが、ただ捨てるのは忍びない。リユース・リサイクルをできるだけ考えてくれるルートがないだろうか。

高齢者一人の生活、生活スペースがうまく管理できずに危険、不衛生。

▼この家はもしかしたらゴミ屋敷

▼すでにゴミ屋敷だと子や孫などに言われ、人を呼べない。誰か来ても座れない

​▼親の家(実家・兄弟の家)を片付けたい。自分が言ってもダメ。喧嘩、無視される。第三者・プロの助言が必要。

▼色々忙しくて片付けに行けない。リモートで相談しながらできないか。

​▼片付けていないこと、終わらせていないことがじりじりと 自分の重圧になっている。

​▼別荘を使わなくなって、何年か放置状態になっている。そろそろ手放したい。

▼介護施設に入ることになった。引越し前整理をしたい。

​▼二世帯化など、家族構成が変わり住まい方が変わるので、自分の物を減らしておきたい。

▼遺品を丁寧に扱ってくれる業者に頼みたい。私にとってはまだゴミと言えない。話をしながら、確認をしながら進めたい。

​▼母のものが男性に扱われるのは嫌だ。高齢でも女性は女性。

まだ悲しみを引きずっている。自分で片付けを完遂できる自信がない。どう片付けたらよいか分からない。相続の手続きに間に合う範囲で、時間をかけて、ゆっくりやりたい

▼0120番号や携帯番号しかない業者、遠くからやってくる業者に騙されるのではないかと不安だ。地元に根付いた人、地元で知られているたちにやってもらいたい。

ご依頼主様のお悩みやためらいを、遠慮なくお話しください。 お見積の電話のとき。そして、お見積でお会いするときに。

ご依頼主様の思いや悩み、問題点を 遠慮なく語ってください。もちろん秘密厳守です。

ご依頼主様の立場にたって考え、最善の解決策をご提案いたします。

ゴミ屋敷や特殊現場など、私共は、皆さまの想像を超えるような状態を見て中で作業する経験をしてきています。私共が現場を拝見して驚くことは稀です。

ためらいやご遠慮は無用、お困りでしたら現状の打破・解決のためにご相談ください。

他人だから頼めることもあります。

花のつぼみ

あなたに代わって

​片付けます​

あなたの想いをくみ

あなたの目の高さ

から

ロゴのみ.jpg

ロゴの意味

・遺品整理をお手伝いするお客様の幸せな昇天をイメージする風船

・創立時役員3名

・思い入れのある三色=カタルーニャ旗(赤黄)とBlaugrana

​・緑のラインは KS(かんどうサービス)のデフォルメ、緑色は起業時の師匠の会社のロゴ色を借用。

私共ができること・承ること

遺品整理  生前整理  ​特殊清掃

ゴミ屋敷・汚部屋対策

脱臭・消臭対策(深刻な残臭対策には専門家手配)

別荘やご実家、空き家の片付け、整理

引越し前準備としての片付け、整理、梱包

高齢者世帯のお住まい片付け

快適な暮らしための整理・収納補助​

​整理収納アドバイス・実践指導

​福祉施設や生活困難者への中古家具家電等の無償供給(寄附)

​終活講座・片付け講座講師(出張講座可)

★下記は、家財整理に付随する場合のみ承ります

不用品買い取り (★古物商免許あり)

​リユースリサイクルの目的での転売

不用品分別・回収、家屋の中での家具家財移動

​ハウスクリーニング

​金庫・消火器・古タイヤ・ピアノ楽器・自動車・自動二輪車等の処分取次ぎ

庭木の伐採・枝落とし・草刈(家財整理現場周辺)

​倉庫・物置や小屋の解体 

​不在宅(別荘含む)の外観からの見回りの報告

軽トラックによる簡易な引越し(市内限定)

エンディングノート作成お手伝い

御礼状・お手紙、リスト書類等の代筆・筆耕​

​お焚き上げ品の神社等への取次ぎ(運搬・手続き・代行発送など)

​上記「できること」に記載がない場合でも、気になることはご相談ください。

当社が実施できないことならば、可能な方・業者を見つけてご紹介します。

私共より専門家をご紹介すること

深刻案件の特殊清掃(大量の体液処分、害虫異常発生等)

​新型コロナウィルス専門の感染予防対策

不動産の売買、賃貸、仲介等

葬儀等、ご供養実務

大型/市外引越し運送、タクシー機能のような人の送迎

​廃棄物の最終処分(廃棄物法に順守)

​救急介護、介助、医師看護師の担当業務・行為

​造園業・庭師レベルの作業

建物解体 (家財整理を伴わない場合)

​外構エクステリア工事、アプローチ補修等 

​室内リフォーム、家具修理

​苦情等の仲介、交渉代行、

遺言書の登記、保険請求手続き等

デジタル遺品の特別処理(完全消去)

私共ではお受けしないこと

銀行等ATMでの操作・お手伝い・代行
買い物代行などのおつかい行為、
運転代行、
当社車両による送迎、
ご家族や近隣者様への説得交渉、
家電や家具・備品等の補修・設置・機能確認・保証
調理、日常生活行為(摂食等)の介助
散髪・マッサージ、身体介助等
災害時の緊急片付け・瓦礫処理
 
新型コロナウィルス(COVID19)対応
当社は、新型コロナウィルス対応の滅菌・除菌等のサービスは行っておりませんが、上記の通り、一線で活躍する専門業者ご紹介は可能です。
 
​お客様や当社スタッフの健康管理・保護・感染拡大防止には最大の配慮と努力を続けてまいります。
私たちは・・・
        社長が語る、当社のストーリーと思い
伊東市 片付けお手伝い

経験と実績 

 

私共「かんどうサービス」はもともと建物解体の建設業から生まれています。建設業時代にも遺品整理を何件かお手伝いしましたが、建設業を離れ遺品整理専門業として立ち上げた後は、1年を待たずして、遺品整理現場の数は、建設業時代の経験を超えました。

 

隔地のご遺族様が伊東には一度もお越しにならなくても片付けが完遂した例。

不動産業者から依頼の賃貸物件・夜逃げ残置物片付け。

公営住宅の退去。会えば口喧嘩だったという息子さんが一所懸命片付け参加。

入退院や施設入所前後の片付け。

​一人暮らしから施設に移る、賃貸住宅の片付け見積時はお元気で押入れを説明してくれたおじいさん、10日後、片付け依頼はご葬儀の後だった。

真夏の閉め切った部屋で1ヶ月経ち、新聞屋さんの通報でみつかった方。

やさしかった叔母が突然死してどうしてよいかわからないと、早朝の電話口で泣く方。

朝起きたら母がトイレで亡くなっていて今、警察の帰り。母が嫌いだった、家に帰りたくないと訴える方。

自己破産のお家には アイドルおっかけグッズの山と立派なゲーミングチェア。

犯罪がらみの家、自ら人生を終了した方の部屋。違法ビデオ作製室だった部屋。

ゴミ屋敷なのに買い物を続ける人の家。配達される前に片付けてと言われても。

どす黒いゴミ屋敷アパート。約束の仕分けができていないからこちらは昼抜きの作業、でも自分だけ何も言わず昼食に行っちゃった男性。

徹夜して袋詰めをし、約束を守ったゴミワンルームの青年。

買ったままのレジ袋の山。「これ、どうします?」に、すべて「要る」。レジ袋有料化の今はどうしているのか。

​犬の死骸。猫の死骸。狸の死骸。

突然死でいちばんはじめに決まることが「相続放棄」だったケース。

たくさんのご近所さんが「さみしくなったね」と顔を出してくれる家、人気のあった故人の人柄が伝わる。

おばあちゃん(故人)にはお世話になったから、と隣組の方が私たちに冷たいお茶を差し入れ。

​立派な大学卒業証書の一方で散乱する家の中の物。そのコントラスト。

……実にさまざまな現場を経験してまいりました。

​すべての現場が異なる環境、条件、そして様々なご家族様の事情とストーリー。同じパターンの現場・ご依頼は一つもありません。

それゆえに、私共はまだ、パッケージ料金や「現場を見ない見積」は無謀ではないかと思い、ひとつひとつのケースの特徴をしっかり伺って対応してゆきたいと考えています。

地元から。地域に貢献。

これまでは伊東市・伊豆地方ではこのような専門業者が無かったため、「どこに頼んでよいのかわからなかった」という声もあったようです。

また、インターネットで「遺品整理 伊東市」として調べてみても実際に出てくるのは「静岡県のF市」「神奈川県のY市」などの他業者さんのお名前。実際の土地感覚のある方からすると、「そんなに遠くから?」と感じることもあります。

地元で臨機応変に対応できる業者をお探しの方々も多いのではないでしょうか。

私共ならば、伊豆の伊東から、地元でのご要請にお応えできます。

また、反対に「市内の人による作業には抵抗あり。家の中に入られるのは…」とお考えの場合もあります。

伊東市内でも市内在住スタッフには来てもらいたくない、という場合には、ご要望をよくうかがったうえで、他の市町に住むスタッフや業者をご紹介することも可能です。

女性スタッフの存在

当社では女性スタッフも重要な役割を担っています。

これまでの遺品整理業は「便利屋さん」の延長、「引越し業者」「清掃・廃棄物業者」様の延長という位置づけで、どうしても男性スタッフ中心のイメージがありました。

もちろん、男手の力作業はこの仕事には不可欠ですが、「親しい方を亡くされた」という特別な事情、思い出、感情を理解して向き合えるのは女性スタッフのほうが得意です。

ご依頼主様と一緒に作業をしながら、「この品物はあの時、あの場所で、買ってと泣いてせがんだもの」などの思い出話が聞けるのは、作業中の心のオアシスになります。

「ちょっと待って」「話を聞いて」「こんな思い出が詰まっている」という想いにできるだけ寄り添いながら、モノたちへの「お世話になりました。これでお役目終了です」と感謝の気持ちをご依頼主様や故人様にかわって心の中でつぶやいて作業をしております。

​また、「お片付け代行サービス」も、女性力が求められ活かされ喜ばれるところです。「男性作業員に母の物を触られるのは…」というようなお声も実際にあります。

キッチン廻りの片付けなどは、遺品整理であっても、やはり男性よりも女性のほうが得意でしょう。実際に「キッチンだけを」というご要請もあり実施しております。

家の中の身の回り品は7割がその家の女性のもの、管理は9割以上が女性、という説もあります。女性の視点からのアプローチを活用します。

遺品整理の専門家としての知識と学習、研鑽

私共は「廃棄物取り扱い」の専門ではございません。廃棄物収集運搬や処分業者、リユースリサイクル業者様とは別途提携し、ご協力をいただいております。

素材や目的などにより様々な道に分かれ持ち主の手から離れる物を効率よく分配していきます。

遺品=全て廃棄するもの、となるのであれば、廃棄物の事業者様だけで十分なはずですが、「遺品整理」という分野のサービスがなぜ今、日本で求められるようになったのでしょうか。

少子高齢化、若年層の都市移住、家族の分散~それは時には海外まで~、近隣関係の希薄化、一世帯の少数化、物質的な豊かさ~ほしいものが手に入りやすい暮らし、……昔ながらの社会ならば、要らなかったサービスであるのは間違いありません。

けれども、やはり今の社会では求められるサービスの一つになってきました。

私共は、「遺品とは何か」をスタッフ一人一人が考え、それぞれの現場での全ての物は「思い出の品」あるいは「その方の人生からのメッセージ」であるという可能性を理解し、整理片付けに取り組んでおります。

遺品整理の現場では「この方はどんな趣味だったのだろう?」「何が楽しみだったのか?」「旅行好き? お料理好きだね」などを想像しながら手を動かしていると、その方の人となりが浮かんでくることがあります。

家、家財、物と共に暮らしたその方の人生、その社会的背景にも思いをめぐらし、ご依頼主様からのニーズをしっかり理解し取り組むことがまずこのお仕事の出発点と考えています。

本事業にあたっては、周辺業界や関係分野の知識・技術の取得は欠かせないもので常日頃より励んでおり、それゆえに「遺品整理業のプロ」という意識を高くもって臨んでおります。

★古物商(静岡県公安委員会第49105A000028号

遺品整理士 (遺品整理士認定協会 会員)

​★事件現場特殊清掃士 (同協会)

★(社)家財整理相談窓口 準会員

★(社)日本リユース・リサイクル回収事業者組合 会員 / 遺品3Rディレクター

日本滅菌脱臭サービス協会会員 / 脱臭マイスター・滅菌マイスター

整理収納アドバイザー1級

★ライフオーガナイザー1級

★リユースマスター2級

​★生前整理アドバイザー2級

ビジュー式片付けカードワークインストラクター&おしゃれ終活アンバサダー

​★わけるとわかるわけるくんインストラクター

終活カウンセラー1級

​★グリーフケアアドバイザー1級 (※グリーフとは、死別悲嘆のことです)

★福祉住環境コーディネーター2級

​★介護環境整理アドバイザー

★脳活トレーナー初級

ScanSnapデジタル収納パートナー

★傾聴セラピスト

AFP®アフィリエイトファイナンシャルプランナー(相続分野もFPの対象範囲です)

★一級土木施工管理技士、登録解体工事業者

★エクステリアプランナー2級

★書道師範 

そのほか、関連業務・周辺分野の知識拡充に努めております。

整理収納片付け、特殊清掃、建物解体。

ハウスクリーニング、リフォーム、地元に強い不動産業者もご紹介。

空き家や別荘の家財を整理したのち、建物も解体したいというご要望にお応えしています。​

静岡県解体工事業登録者によるお見積をご案内いたします。

大型規模(解体費用500万円以上)の場合には、静岡県建設業許可業者(静岡県/伊東市の入札業者)をご紹介。

家財整理から建物解体まで一括ご用命の場合は、作業工程を効率化できるので総合的にお得なご提案ができるのが普通です。

また、次のようなご要望にも。

・ゴミ屋敷や、ちらかった部屋の片付けだけ。整理収納のアドバイス。

 ご予算や限定された空間に応じてできることをご提案します。

・生前整理や遺品整理に伴う、不要物不用品の撤去

・撤去品のリユースリサイクル(環境にやさしい対策、撤去品の次の生かし方を最優先に)

・ハウスクリーニング ・・・実績豊富な業者をご紹介します。

・特殊清掃・・・特殊清掃とは「事件現場」「孤独死時間経過」「殺人現場」等の特殊な状況となった居室・浴室等の清掃です。

(ただ、その部屋で亡くなった、というだけでは特殊清掃とはいえません。発見が早かった場合は特殊清掃の域に達していない場合があります。特殊清掃が必要かどうかは、実際に現場を拝見してから判断させていただきます。ご依頼主様自らが「特殊清掃を頼みたい」という形で、実際にはそうではなかったのに高めの見積になったという事例も聞いています。)

​特殊清掃では、一定の範囲までは当社でおこない、複雑な案件では特殊清掃の専門家パートナーに委託し協同作業をおこないます。

・不動産の売却・賃貸の仲介 ・・・伊東市内の物件については、実績豊富な不動産業者をご紹介します。

コンプライアンス

 

廃棄物の処理および清掃に関する法律(廃棄物処理法)を中心に、コンプライアンス順守の鉄則です。

​許認可が間に合わない/未所持の必要資格については、有資格業者様のご協力をお願いし協業しております。

​また、ご依頼主様のお住まいというプライベート空間に入るというお仕事ですので、「プライバシー・秘密厳守」は当然のお約束です。

対応エリア:

​伊東市 熱海市 伊豆市 伊豆の国市 東伊豆町 河津町
下田市 南伊豆町 松崎町 西伊豆町
函南町 清水町 長泉町 三島市 沼津市 裾野市 御殿場市 
神奈川県西部(湯河原町 真鶴町 小田原市)
 
◎その他のエリアについても 遠慮なくご相談ください◎
​ 静岡県中部・神奈川県中部への遠征経験もあります 

 
伊東市 遺品整理 生前整理 片付け かんどうサービス事業部